Windows|便利なショートカットキーとタッチパッドジェスチャー一覧

皆さんはパソコンを使うときにショートカットキーを活用しているでしょうか。

特にビジネスシーンでは時間に追われながら作業することも多く、ちょっとしたムダな時間も削減したいと考える方は多いでしょう。実は普段パソコンをしている最中にもムダな時間は発生しています。たとえば、Wordの文章をコピーする作業を見てみましょう。

《ショートカットキーを使わない場合》
カーソルで対象となる文章を選択➢マウス右クリック➢コピーを選択
《ショートカットキーを使う場合》
カーソルで対象となる文章を選択➢ CtrlC

文章をコピーするだけでも3行程から2行程へと作業量が変わっています。小さな積み重ねですが、よく使う作業であればあるほど効果を発揮します。

何度も言いますが、仕事でよく使うショートカットキーをいくつか覚えるだけで仕事のスピードは劇的に変わります。慣れない作業なので最初のうちはもどかしく感じることもあるかと思いますが、ショートカットキーは何度も使って身体に染み込ませることが重要です。

このページでは、特にビジネスマンに必要なショートカットキーを集約しました。このページに記載されているショートカットキーを使うだけでも確実に作業時間は軽減されます。ひたすら実践してショートカットキーを使いこなしましょう。

Microsoft officeで活躍するショートカットキー

コピーctrl C
ペーストctrl V
切り取りctrl X
お気に入りに追加ctrl D
全選択ctrl A
検索ctrl F
検索と置換ctrl H
元に戻すctrl Z
印刷ctrl P
上書き保存ctrl S
画面をコピーしてクリップボードに保存PrtScn
1文字ずつ選択Shift  + 
1行ずつ選択shift  + 

ディスプレイに関するショートカットキー

ウィンドウを最大化・最小化するWindows  + 
ウインドウを右半分・左半分に寄せるWindows
ウィンドウをすべて最小化するWindowsM
新規ウィンドウを開くWindows + N
ウィンドウを閉じるAlt  +  F4
仮想デスクトップを追加するWindowsCtrl D
仮想デスクトップを切り替えるWindowsCtrl 
仮想デスクトップを閉じる WindowsCtrl  + F4

インターネットエクスプローラーで使えるショートカットキー

お気に入りに追加Ctrl  + D
アドレスバーにカーソルを移動するCtrl  + E
アドレスバー内全選択Ctrl  + L
履歴バー表示Ctrl  + H
お気に入りバー表示Ctrl  + I
新しいタブを開くCtrl  + K
新しいウィンドウを開くCtrl  + N
印刷画面を開くCtrl  + P
ページのソースコードを開くCtrl  + U

Windows10のタッチパッドジェスチャー

Windows10から新しく搭載されたタッチパッドジェスチャーも事務作業効率化を図る重要な役割を担っています。ぜひ覚えて実践してみましょう。

タッチパッドジェスチャーとは

タッチパッドとは、通常ノートパソコンのキーボードについているマウスポインタを動かすためのツールです。ほとんどの方は、マウスを移動させたりクリックをするためだけに活用している、もしくはマウスを使うためほとんどタッチパッドを触らない人もいるかと思います。

実は、タッチパッドはマウスポインタの動作だけでなく、開いているウィンドウを一斉表示させる機能や簡単に操作できるスクロール機能などタッチパッドジェスチャーが付いています。とても便利な機能なので、タッチパッドが搭載されているパソコンを使っている方はぜひ活用してみましょう。

タッチパッドジェスチャーの使い方

タッチパッドジェスチャーを使う場合には、Windows10が搭載されていることと高精度タッチパッドが有効になっていることが条件となっています。

タッチパッドジェスチャー一覧

スクロール二本指でタッチパネルを縦方向に上下する
右クリック二本指でタッチパッドをタップする
ウィンドウ一覧表示三本指でタッチパッドを下から上になぞる
デスクトップ表示三本指でタッチパッドを上から下になぞる
アクティブウィンドウ切替三本指でタッチパッドを左右になぞる

ショートカットキーよりもタッチパッドジェスチャーのほうが直感的に使いこなすことができるので、Windows10の方はまずタッチパッドジェスチャーに慣れてみてはいかがでしょうか。

そして、ショートカットキーも使っていくことで身体が慣れていき、あるタイミングで考えずに手が先に動いてしまうような状態になります。

単純作業な事務作業の効率化を図るために重要なショートカットキーとタッチパッドジェスチャーを覚えて、ビジネスを加速させましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました